里鍼灸院|愛媛県西条市小松町の鍼灸院

予約制 ✆0898-35-3768

IBS(過敏性腸症候群)

IBSの施術例

来院患者の男女比

来院患者の年齢比

病態

過敏性腸症候群は、検査を受けてもどこにも異常が見つからないのに、頻繁に腹痛に襲われたり、下痢や便秘を繰り返したり、ガスが溜まるなどといった症状が数ヶ月以上続くといった特徴を持ちます。Irritable Bowel Syndromeの頭文字をとってIBSといいます。特にストレスを感じる環境下で症状が悪化しやすく、その特徴から日常生活にも支障をきたす事があるため生活の質(QOL)が大きく低下します。ひとりで抱え込まず、まずは医師へ相談してみましょう。

基準

他の疾患に罹患しておらず、6ヶ月以上前から症状があり、直近3ヶ月の間で、腹痛が1週間につき少なくとも1日以上、月に4日以上繰り返し腹痛が起こり、下の3項目の内2つ以上当てはまること。

  • 排便と症状が関連する(排便によって症状がやわらぐ)

  • 排便頻度の変化を伴う(増えたり減ったりする)

  • 便形状の変化を伴う(柔らかくなったり硬くなったりする)

分類

下痢型

突然おこる腹痛と下痢が主な症状です。便意は強くあるのに十分に排便ができず、残便感がある場合が多くみられます。特に、トイレに行きづらい状況やトイレのない状況になると起こりやすく、生活に支障をきたすこともあります。また、突然の便意に対する不安や恐怖感が症状を更に悪化させることもあります

便秘型

便秘や便秘によるお腹の張りや不快感が繰り返し起こることが主な症状です。排便時に腹痛があり、強く息んでもなかなか便が出ず、出たとしてもコロコロとした硬い便が出て、残便感がある場合が多く見られます。

混合型

IBSの中でも多いタイプとされており、下痢型の特徴と便秘型の特徴を併せ持った症状が交互におこります。

分類不能型

他の分類の基準を満たすほどの便異常がないものが当てはまります。

原因

IBSの原因はいまだに分かっていませんが、いくつかの要因が病態に関与するとされています。多くの原因はストレスですが、他にも腸内細菌の変化や大腸などの消化管運動の異常運動や知覚過敏、生活サイクルの乱れや、食生活の乱れなどが重なって発症するとされます。

ストレス

ストレスを受けると脳から腸へ向かう信号が強くなり、腸の運動が強くなりすぎIBSの諸症状を引き起こします。また、食べ物の種類や摂り方によっては腸から脳へ向かう信号を強くし、知覚過敏状態になり、IBSの症状が起こりやすくなります。他にも、自分の喜怒哀楽をうまく表現できない、自分が受けているストレスに気づきにくい人が知らず知らずのうちにストレスを溜め込み、結果としてIBSを発症しやすくなることが分かってきました。

腸内細菌の変化

過去にウィルスや最近による感染性腸炎になった後に腸内細菌のバランスが乱れたり、腸の粘膜が弱くなることでIBSを起こしやすいといわれいています。

施術回数・頻度

週1,2回、8~15回程度が目安です。状態が良くなるに連れて間隔を伸ばして様子を見ていきます。

よく使用するツボ

上巨虚・合谷・陽陵泉・陰陵泉

ツボを利用して脳やお腹の状態を整えます。ある所に過緊張がある時は、ある別の場所にも過緊張があります。こうしたパターンが無数に存在しています。片方の緊張が解けると、もう片方の緊張も同じタイミングで解けます。これを利用することで腹部にアプローチすることなく対応することができます。

IBSによく使うツボ