里鍼灸院|愛媛県西条市小松町の鍼灸院

予約制 ✆0898-35-3768

妊娠中の腰痛

妊娠中の腰痛の施術例

来院患者の男女比

来院患者の年齢比

症状

妊娠中の腰痛には様々な要素が複合的に絡み合って出てきているものが多く見られます。動いていたいものから、じっとしていても痛いものまで様々です。

原因

ホルモンの影響

妊娠すると骨盤周りの靭帯を緩めるリラキシンというホルモンが分泌されます。リラキシンは出産時に赤ちゃんが産道を通り抜けしやすくなる為に必要なホルモンです。リラキシンによって骨盤周辺の関節が不安定になり、周囲の筋肉に負担がかかりやすくなり腰痛を引き起こしやすくなります。

姿勢の変化

お腹の中の赤ちゃんが成長するにつれて重心が前に移動し、体全体のバランスをとるために背骨を反らせ、おなかを突き出した姿勢になります。また大きくなった子宮からの圧迫によって骨盤周辺、腰や背中周りの筋、筋膜に負担がかかりやすくなり、腰痛を引き起こします。腰以外にも、お尻、太もも、背中や足の付け根などに痛みを引き起こすことがあります。

内臓の影響

大きくなった子宮が胃や腸を圧迫します。そうすると胃や腸に悪影響を与えます、胃腸の症状は背中の神経に伝わり痛みを引き起こすことがあります。また妊娠中は赤ちゃんの動きなどによって子宮が伸ばされたり、収縮する事があります。子宮と腰周りの神経はつながっているため関連して痛みを感じる事があります。

血行不良

大きくなった子宮が骨盤内で血管を圧迫するようになります。そのため血行不良から疲労物質が溜まりやすくなり腰痛が起こりやすくなります。また妊娠中に分泌されるリラキシンは骨盤内に血液をためる作用があり、腰回りでうっ血がおこり、腰を重く感じやすくなります。

心理的影響

ストレスが強いと痛みを感じやすくなることも一つの原因です。また心理的なストレスは胃腸に悪影響を与えます。胃腸の症状は背中の神経に伝わり痛みを引き起こすことがあります。

施術回数・頻度

痛みがひどい場合は週に2,3回、痛みが軽減すれば間隔を開けて施術します。全体で3~5回が目安です。

よく使用するツボ

曲池・陽陵泉・三陰交・大臀

ツボを利用して身体の過度な緊張を取り除き、全体のバランスを整えます。ある所に過緊張がある時は、ある別の場所にも過緊張があります。こうしたパターンが無数に存在しています。片方の緊張が解けると、もう片方の緊張も同じタイミングで解けます。これを利用することで局所にアプローチすることなく対応することができます。

妊娠中の腰痛によく使うツボ