四十肩・五十肩 肩関節周囲炎

肩の痛み

症状

いわゆる五十肩ですが

・肩が痛くて上がらない、上げ辛い
・後ろに手を回すと痛い、回らない
・何もしていなくても痛む
・肩を下にして寝ると痛い

といった症状が多くみられます。

年齢・性差

年齢は50歳を中心に30歳代から70歳代まで
女性の方が男性よりもやや多いとされています。

肩関節周囲炎

四十肩、五十肩とは正式名称ではありません。
正式には肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)
40歳前後や50歳前後に多くみられるため五十肩などの名称が使われています。
20歳でも70歳でも原因が同じであれば肩関節周囲炎です。

また肩関節周囲炎には
・腱板断裂
・石灰沈着性腱板炎
・肩峰下滑液包炎
・上腕二頭筋長頭腱炎
・上腕二頭筋長頭腱断裂
などが含まれています。

肩以外に原因も!

肩の痛みを分けると大きく2つに分けられます

・肩関節やその周りに原因がある場合
・全身性の疾患(糖尿病や甲状腺疾患)、胸や腹部、内蔵、神経に原因がある場合

意外に思われる方も多いかもしれませんが、
肩が痛いからと言って肩周りばかり治療していても
意味が無い場合も多々あります。

経過

多くの人は3ヶ月~12ヶ月、ひどい方は12ヶ月以上かけて自然治癒しますが、
治療したほうが早く治ります。
治った後も治療していたほうが大きく手を上げることが出来ます。

また、その痛みの強さや期間の長さから睡眠障害や鬱傾向に陥る方も多く
心のケアも必要な場合もあります。

自宅で出来る事

・肩の動く範囲が狭まらない様に痛みが強く出ない範囲で肩を動かしましょう。
・お風呂に入った後など肩を温めて楽になる方は出来るだけ冷やさない様心がけましょう。
・寝るとき痛む人は肩の後ろにタオルを敷いて寝ると楽になる事もあります。

当院での治療

西洋医学的な部分治療とは違い
東洋医学的にカラダ全体を診て治療を進めていきます。
筋肉のつながりや臓器、経絡の状態などを調節していくことで痛みを取ります。

早期治療は早期回復に繋がります。
1人で我慢せず一度お気軽にご相談下さい。